交通事故@JIDAN

交通事故の示談交渉が難航したら

交通事故被害の示談交渉が難航した場合は弁護士へ相談しましょう

自動車を運転する人もそうでない人も、いつ誰が交通事故に遭遇するかは分かりません。突然のことなので誰もが戸惑うことだと思いますが、事故後は様々な手続きに追われることにもなります。物損だけで済めば不幸中の幸いですが、怪我を負ってしまうとその後は体の状態も辛いものになりますし、相手方保険会社との示談交渉が待っています。

被害事故の示談交渉は自ら行う必要があり大変です

被追突事故や青信号を横断中に自動車と接触した場合などの被害事故の場合は、自らが加入している保険会社は賠償義務が無いため窓口に立ってはくれません。相談には乗ってくれるかもしれませんが、表立って相手方保険会社と交渉を行ってくれることは無く、自ら交渉に当たることになります。

怪我を負ってしまった場合は、ただでさえ体のどこかに痛みを感じている辛い状況です。そんな時に非常にややこしく分かりにくい交渉を自らが行わなければならないというのは、体力的にも精神的にも大きな負担となることは容易に想像することが出来ます。

怪我の症状が落ち着いてくると相手保険会社は示談を行うために、慰謝料や休業損害などの賠償金を提示してくるでしょう。その際多くの人は、その賠償金に特に疑問を持たずに示談を済ませてしまうはずです。

相手方保険会社との示談交渉の決裂は珍しくありません

もちろん、相手方保険会社が提示してきた賠償金での示談が悪いという訳では全くありません。提示された賠償金が納得のいく額であり、相手方保険会社の対応にも納得することが出来て、何の問題なく示談が終われば一番良いに決まっています。

示談することが出来なければ、それだけ自らの体力的、精神的負担も重くなってしまうので、誰もがすんなりと示談を終わらせたいはずです。しかし残念なことに提示された賠償金では納得がいかない、という交通事故被害者は少なくありません。

交通事故の示談交渉におけるプロである保険会社の担当者との交渉の中で、素人が立ち向かうのは容易ではありません。そのため全く自分の意思が考慮されずに賠償金が算定されたと感じる人も多く、示談交渉が決裂し難航してしまうことはよくあることです。

一人で悩まずに弁護士に相談しましょう

ただ示談交渉が決裂してしまった後、自分一人の力では何をして良いのかも分からず、どうしようもないと感じる人がほとんどではないでしょうか。相手方保険会社が提案した示談案には全く納得がいかないけれど、それでも示談しなければならないのかと悩むでしょう。

そのような場合は、迷わず弁護士へ相談することが重要です。交通事故のことで弁護士に相談するなど大げさだと感じるかもしれませんが、交通事故を専門にしている弁護士や事務所も存在しているほどですので、そのように感じる必要はありません。

被害事故の場合は自らの保険会社が窓口に立って交渉してくれることは無く、被害者の代わりに示談交渉を行うことが出来るのは弁護士のみです。

一人で悩まずに、まずは法律のプロである弁護士に相談することで活路を見出すことが出来ます。

賠償額の算定基準は3つあります

それでは弁護士に相談するとどのようなメリットがあるのか知りたいという人も多いと思いますが、まず賠償金の増額を期待することが出来ます。交通事故の被害者に対する賠償額の算定基準は自賠責保険基準と任意保険基準、裁判所基準の3つがあります。

自賠責保険は最低限の賠償を行うことを目的にされていて、任意保険基準は各保険会社が定めている支払い基準になります。裁判所基準は裁判所の判断により認められてきた賠償額を目安としているため、一般的に自賠責保険基準や任意保険基準と比較すると高額になる傾向があります。

そのため任意保険基準で算定された賠償金は自賠責保険基準よりは高額であるものの、裁判所基準で算定されるよりもかなり低額になると言っても過言ではありません。

弁護士に相談することで賠償金の増額の可能性が高まります

言うまでもありませんが、相手方保険会社は任意保険基準で算定した賠償金を提示してきます。自分の怪我の程度によってはかなり賠償金が安いと感じることがあっても、それは全くおかしいことではないと言えます。そこで弁護士に裁判所基準に基づいた賠償金を相手方保険会社に提示して交渉して貰うことで、結果的に賠償金の増額を期待することが出来ます。

その他にも弁護士は相手方保険会社が提示する示談内容を検討し、不合理な点については反論してくれますので、やはり賠償金が増額される可能性が高まると言えます。相手方保険会社の提示する賠償金に納得がいかなかったり、内容に不明瞭な点がある場合は、積極的に弁護士に相談することで一気に解決に向かうと言えるでしょう。

弁護士に相談することでストレスから解放されます

交通事故におけるもう一つの弁護士相談のメリットは、特に怪我を負っている場合は体力的、精神的双方のストレスから解放されることです。心身に余裕が無い状態で相手方保険会社との示談交渉は大変で、しかも相手は示談交渉のプロですので言い負かされてしまうことがほとんどでしょう。

そうなると非常に強いストレスを感じる日々が続くことになり、治療にも専念することが難しくなってしまいます。弁護士に相談するとその後は代わって交渉を行ってくれますので、ストレスのかかる示談交渉を自分で行う必要が無くなるというメリットがあります。

弁護士は相手保険会社との交渉の進捗は細かく教えてくれるはずですので、安心して治療にも専念することが出来てストレスから解放されます。

交通事故に遭い困っていたら、整骨院に相談してみましょう。

気になる弁護士費用について

交通事故の示談交渉に悩む時は弁護士相談が最適であることは分かりましたが、気になるのが高額なイメージが強い弁護士費用でしょう。賠償金が増額されても、弁護士費用がそれ以上に高額であれば本末転倒になってしまうと言わざるを得ません。

しかし法律事務所によっては、交通事故被害に関する相談料は無料になっています。一度だけではなく相談は何度でも無料だという事務所も存在していますので、費用を抑えたい人はそのような事務所を探しましょう。費用の支払いに関しても前払いではなく、賠償金の受け取り後の支払いが可能な事務所が多いと言えます。

しかも賠償金の増額分が弁護士報酬に満たない場合は、弁護士報酬に関しては支払いを求めないという弁護士事務所も多いので安心です。弁護士費用が気になる人は、相談する前に法律事務所のホームページの確認や電話で問い合わせをしておくことをおすすめします。

関連資料(交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所)